<前回> SourceTreeとBitbucketでGitを始める <マージ編> 

前回でGitのある程度の使い方を説明しました、なので今回は第1回で登録したBitbucketを使い、リモートリポジトリを使用しようと思います

第1回でも説明しましたが、リモートリポジトリは、自分のPCに保存フォルダを作成するローカルリポジトリとは違い、インターネット上に保存フォルダを作成します

ローカルリポジトリの内容をリモートリポジトリに反映させたり、逆にローカルリポジトリにリモートリポジトリの内容を反映させることができます

チーム開発で役立ちます


それではリモートリポジトリ(Bitbucket)の使い方を書いていきます

              スポンサーリンク
               


それではリモートリポジトリを作成していきます、リモートリポジトリの作成はブラウザから行うのでBitbucketにログインしてダッシュボードを開いてください

ダッシュボード画面は以下の通りです
無題 
この画面になったら、右側のリポジトリを作成からリモートリポジトリを作成します、ちなみに左側のメニュー 一覧のリポジトリからも作成することができます

リポジトリの作成をクリックすると以下の画面になると思います
無題 
リポジトリ名は自由に入力してください、その下のアクセスレベルですが、誰でも見れるようにする場合はチェックを外しても良いでしょうが、今回はunity用で限られたメンバーのみ見れるようにしたいのでチェックを入れ非公開リポジトリとして作成します

その下のリポジトリタイプはGitを選択してください、またこのリポジトリは何のリポジトリなのかを記入する場合は詳細設定を開いてもらうと説明を入力することができます

一通り入力が終わったらリポジトリの作成をクリックしましょう

作成できると、このような画面になります
無題
このリポジトリをローカルに持ってきます、後で使うので右上の赤枠で囲ったURLをコピーしておいてください



それでは、まずはローカルリポジトリの内容をリモートリポジトリに反映する方法を説明していきます、またこの作業をプッシュと言います

それでは前回までの内容を今回作ったリモートリポジトリに反映させていきましょう

まず前回まで使っていたタブに戻り、右上の設定をクリックしてください
無題

設定画面が開いたら追加をクリック
無題

そうしたら以下の画面になるのでURL/パスのところに先ほどコピーしたURLを張り付けてください、リモート名はデフォルトリモートにチェックを入れれば自動で入力されます
無題
入力が終わったらOKをクリックします

次にメニュー 一覧からプッシュをクリックします
無題

次はリモートリポジトリに反映させたいブランチを選択します
無題
今回はmasterとsub、どちらもプッシュします、チェックマークを付けたら、プッシュをクリックします

Bitbucketを確認してみましょう、正常にプッシュされていれば、ローカルリポジトリの内容が反映されていると思います

SorceTreeの画面はこんな感じになっています
無題
ちなみに1回エラーを吐いてしまい、新しく作り直したものなので、前までとコメントなど細かいところが少し変わっていますが気にしないでください

画像を見るとブランチが4つあります、masterとsubはローカルブランチ、origin/masterとorigin/subがリモートブランチとなります、現在はローカルとリモートが同じなのでそれぞれ同じ位置にあります

試しにmasterをチェックアウトし、メモ帳に変更を加えコミットしてみてください

変更を加えコミットするとこのようになると思います
無題
これでリモートブランチよりローカルブランチの方が先に進みました
それではもう一度プッシュしておきましょう


次はリモートリポジトリの内容を、ローカルリポジトリに持ってきたいと思います、ちなみにリモートリポジトリの内容をローカルに持ってくることをクローンと言います

それではまず最初に新しいタブを作成します、画面上部の+マークを押してください
無題


次にメニュー 一覧にLocalとRemoteがあると思うのでRemoteを選択してください
無題 
その次に、今回は準備編でSorceTreeにBitbucketのアカウントを紐づけているので、先ほど作成したリモートリポジトリが出てきていますが、紐づけしていない場合はメニュー 一覧のCloneをクリックしてください、今回はアカウントの紐づけを行っているので、作成したリモートリポジトリを選択し、赤枠で囲ったCloneをクリックです

するとこのような画面が開きます
無題
アカウントを紐づけしていた場合、自動で入力されますが、紐づけしていない場合、一番上の欄には先ほどコピーしたURLを張り付けてください、2段目の欄はどこに保存するかです

入力したら、クローンをクリックしましょう

作成されたクローンはこのようになっていると思います
無題
ローカルブランチはmasterのみで、他は全てリモートブランチとなってます

masterブランチで作業する場合はこのままで良いですが、subブランチで作業したい場合はローカルのsubブランチを作成する必要があります

作成は簡単で、リモートのsubブランチをダブルクリックします、すると以下のような画面になるので、新ブランチ名を決めてOKを押すだけです
無題

これでローカルのsubブランチを作成できました
無題 




それでは次はプルとフェッチについてですが、この情報は個人開発ではあまり役に立たないかもしれません、どちらかというと複数人でのチーム開発向けです

まず、フェッチについてですが、クローンと同じような機能で、リモートリポジトリの内容をローカルに持ってくることができます

プルは、フェッチとマージを組み合わせたような機能なので、ここではフェッチについてだけ説明しようと思います



それではまず、先ほどクローンしたリポジトリのデータ(メモ帳)の変更を加えてコミットし、全てのブランチをリモートリポジトリへプッシュしてください

これで疑似的にチーム開発の環境が出来上がりました

それでは最初に作ったローカルリポジトリを見てみてください、プルのアイコンに1というマークがついていると思いますが、プルはしなくて良いです

今ある最初に作ったローカルリポジトリを貴方、クローンで作成したローカルリポジトリは別な人のリポジトリと考えてください

ここからは、最初に作ったリポジトリをAリポジトリ、クローンで作ったリポジトリをBリポジトリとします、まず最初にAリポジトリの内容をリモートリポジトリへとプッシュしました、その内容をBリポジトリへクローンし、Bリポジトリで変更があり、その変更がリモートリポジトリへプッシュされました

この時点でAリポジトリの内容とリモートリポジトリの内容に相違が生じました、このとき最新のリモートリポジトリの内容に差し替えるのがフェッチになります

それではやっていきます、まずは最初に作ったAリポジトリのタブを開いて、メニュー 一覧からフェッチを選択します
無題

そしたらこのような画面になると思うので、すべてのリモートからフェッチにチェックを入れてOKをクリックしてください
無題 

フェッチすると以下のようなブランチになります
無題
ローカルのmasterブランチの横に1↓と表示されています、これはリモートと比べて、1つ遅れているという意味になります

これを解決するにはマージしてあげます、ローカルのmasterブランチをチェックアウトしてください、そしたらメニュー一覧からマージを選択し、リモートのmasterブランチを選択します、これで解決です

解決後のブランチはこんな感じになります
無題 
ローカルのmasterとリモートのmasterが同じ位置になりました



それでは、長くなりましたが、リモートリポジトリ編はこのへんで終わりにしようと思います

次回はUnityのプロジェクトを管理する方法を書いていこうと思います

<目次> Gitを使ってUnityプロジェクトを管理する
<前回> SourceTreeとBitbucketでGitを始める <マージ編>
<次回> SourceTreeとBitbucketでGitを始める <Unityプロジェクトの管理編> 



このエントリーをはてなブックマークに追加      


スポンサーリンク