<前回> SourceTreeとBitbucketでGitを始める <コミット編>

前回はコミットについて説明しました

今回はブランチについて書いていきます


              スポンサーリンク
               


まずブランチについて簡単に説明したいと思います

ブランチとは英語でbranchと書き、枝という意味になります、データを枝分かれさせ、同じリポジトリ内で複数の変更を同じデータに行うことを言います

図にするとこんな感じです
br
A B C Dがmasterで、E Fがmasterとは別のブランチのsubとなります、この図だとBまでは同じ内容を扱っていますが、BからC、Eへと枝が分かれており、CとEの内容は違ったものになっています

また後で説明するマージという作業により1個でデータにまとめることができます


それでは、SorceTreeを開いてブランチを使っていきましょう、前回の作業の続きから行いますので、もし前回までの作業内容を削除してしまった場合、前回のコミットの作業からやり直してください


前回の続きからなので、masterがチェックアウトされていると思いますが、もしそうでない場合、masterをダブルクリックしチェックアウトしてください
無題



masterがチェックアウトされたことを確認したら、いよいよブランチを作成していきます

メニュー 一覧からブランチを選択します
無題 

するとこのような画面になると思うので、ブランチ名を入力してブランチを作成をクリックしてください
無題
名前はなんでも良いですが、今回はsubとしました


これでブランチ一覧にsubが追加されていれば成功です
無題 
subとmasterが並んでいます、これはmasterとsubのデータが同じという意味を表しています、subブランチのデータをいじることでmasterとは別に枝が分かれていきます

それでは早速やってみましょう、ブランチ一覧でsubに丸いチェックが入っていることを確認してください、もし入っていない場合はブランチ一覧のsubをダブルクリックです

それではメモ帳をいじっていこうと思いますが、ここでメモ帳の保存場所が分からないという方はSorceTreeの右上にExplorerという項目があるので、それをクリックすれば保存場所が表示されます
無題



それではメモ帳に変更を加えてみましょう
無題
変更を加えたら保存して、SorceTreeの画面に戻ります


この状態で今変更したデータをコミットすると枝が伸びていきます

コミットするには左上のコミットというボタンをクリックします無題 
コミットのやり方は前回と同じなので割愛します

コミットしたらブランチを確認してみましょう
無題 
subブランチが1個進みました、これでmasterブランチとsubブランチのデータ内容は別なものになります

この機能は、問題なく安定して動くバージョンをmasterに残しておき、subブランチの方で機能の追加などの変更を行います、そうすることで機能を追加しているときになにか問題が発生しても安定版のmasterに戻ることができます


さて、このままでは、subで行っている機能追加が問題なくできた場合、そのままsubで進めて行くことになるんじゃないかと思っている方もいると思いますが、それは違います

gitにはマージという機能があり、ブランチを他のブランチと統合することが出来ます、この機能を使いsubブランチのデータの内容をmasterブランチのデータにまとめ、1つのデータにすることができます

マージについては次回説明していきます

それではまた次回

<目次> Gitを使ってUnityプロジェクトを管理する
<前回> SourceTreeとBitbucketでGitを始める <コミット編>
<次回> SourceTreeとBitbucketでGitを始める <マージ編> 



このエントリーをはてなブックマークに追加      


スポンサーリンク