<前回> SourceTreeとBitbucketでGitを始める <準備編> 


それでは、必要なソフトのインストールが終わったので、今回からGitの使い方について書いていきます

しばらくはリモートリポジトリは使いません

それでは最初はコミットの説明から行いたいと思います、コミットというのは、データをリポジトリに追加、又は変更することを言います

それでは説明していきたいと思います


              スポンサーリンク
               


それではまず、SorceTreeを開いて、ローカルリポジトリを作成しましょう


左上のLocal・Remoteで、Localが選択されていることを確認しCreateをクリックしましょう
bandicam 2017-09-08 21-02-59-312 


するとこのような画面が開くと思います
bandicam 2017-09-08 21-06-51-967
この画面ではローカルリポジトリのフォルダを指定します

保存先のパスに空のフォルダを指定、その下の名前はデフォルトでフォルダの名前が自動で入ります
大事なのがその下の欄です、こちらはクリックするとGitとMercurialが選択できますが、ここはGitを選択してください、また、次のアカウントでリポジトリを作成にチェックが入っていた場合、今回はチェックを外しておいてください、この設定が終わったら作成をクリックしてください

もし以下のようなエラーが出たらYesを押してもらえれば問題なく先へ進みます
bandicam 2017-09-08 21-02-59-312



それではいよいよコミットするための準備に取り掛かりたいと思います、今回はテストということでメモ帳で進めて行きます

まずローカルリポジトリを作ったフォルダを開いてください、開き方が分からないのであれば下記の画面にエクスプローラで開くというボタンがあるので、そちらをクリックしてください
bandicam 2017-09-08 21-20-20-413 

それでは、上記で開いたフォルダにメモ帳を作成してください
bandicam 2017-09-08 21-20-20-413
メモ帳に適当になにか書いて保存します

保存したらSourceTreeを開いてみてください、以下のような表示に変わっているハズです
無題
この画面になっていたら、作業ツリーのファイルの横にある、全てインデックスに追加をクリックします

すると以下のような画面になります
無題 

ここまで来たら、いよいよコミットです


コミットのやり方は簡単で、右下のコミットと書かれたボタンを押すだけです
無題


この時に注意ですが、コミットするときはコメントを入れなければなりません、今回は"最初のコミット"と記入しました

このコメントはどんな追加や変更をしたのか、あとで確認するときに便利なのでいい加減なコメントではなく、ちゃんとなにをしたのかを明確に記入しましょう 3日前の自分は他人です


コミットすると元の画面に戻ります
無題 
さっきまでいじっていたメモ帳は隠れているだけなので、保留中のファイルを表示、ファイルステータス順をクリックして、すべてを選択してやれば表示されるようになります


それではもう一度メモ帳をいじってみましょう

今度は2行目に新しいテキストを追加しました
無題 

そしたら、また同じ手順でコミットしてください
無題 
コメントは"2回目のコミット"としました


それでは最後に、過去のデータに戻してみたいと思います

現在メモ帳のテキストは2行目まで書かれていると思いますが、これを2行目が追加される前の状態に戻したいと思います

それでは早速やっていきましょう

まず左の一覧からブランチ→masterの順で以下の画面を表示します
無題
この画面ではコミットの履歴を確認することができます

それでは過去のデータに戻していきましょう

戻し方は簡単で、最初のコミットをダブルクリックするだけです
無題 


ダブルクリックすると以下のように警告メッセージが出てきますが、OKをクリックで大丈夫です
無題


メモ帳を確認してみてください、これで過去のデータに戻っていると思います

また過去のデータに戻すと、SourceTreeの画面がこのようになります
無題 
さっきまでmasterだけでしたが、HEADというタグが増えました、このHEADタグは一時的なもので、他のコミット履歴をダブルクリックで選択すると消えます、試しにmasterをダブルクリックしてみましょう、またこのダブルクリックすることをチェックアウトと言います


これでコミット編は終了です


それではまた次回

<目次> Gitを使ってUnityプロジェクトを管理する
<前回> SourceTreeとBitbucketでGitを始める <準備編>
<次回> SourceTreeとBitbucketでGitを始める <ブランチ編>



このエントリーをはてなブックマークに追加      


スポンサーリンク