最近Unityでチーム開発をしており、Gitがあると便利だよーと聞いたので「unity git」「unity git 使い方」などで検索しても、最近書かれた記事で個人的に分かりやすかったのがなかったので、ここに忘れないように書いておこうかなと思います

今回使うソフトは、タイトルにもある通り、SourceTreeBitbucketになります

まずGitについて、自分なりに簡単に説明してみます

まずメモ帳でもエクセルでも同じデータに保存したら前のデータは消えて戻せなくなりますよね?でもそんな作業を続けていたある日、過去のデータに誤りが見つかりました、ですがいろいろなところを弄ってしまい元に戻すのがすごいめんどくさいです、過去のデータを引っ張り出せるならそうした方が楽って言うほどめんどくさい作業になってしまいます

ですが、上書き保存で、しかもバックアップも残っていないとなるとその手は使えません、ですがgitで管理していれば過去のバージョンにも簡単に戻ることができるのです

この機能は主にプログラムのソースコードを管理するのに使われているので、メモ帳やエクセルだと少しピンと来ませんがすごく便利な機能です

予定ではUnityのプロジェクトを管理するところまで書こうと思います

それではGitの環境を作っていきましょう


              スポンサーリンク
               


まずはリモートリポジトリを作成するためにBitbucketに登録しましょう、今はまだ登録するだけで大丈夫です

リモートリポジトリを作成できるサービスは有名なところでGitHubがありますが、有料でないとプライベートリポジトリが作れません、今回はunity用ということで世界中に公開されるとマズいデータなどもあるので無料でプライベートリポジトリを作成できるBitbucketで進めていきます(自分のスパゲティコードを世界中に公開なんてしたくないしね)

ちなみにリポジトリとはデータを保存しておくフォルダみたいなもので、リモートリポジトリというのはインターネット上にあるフォルダというふうに覚えておいても良いと思います、また後で説明しますが、自分のPC上にフォルダを作成するローカルリポジトリというのもあります

それでは、次はSourceTreeをダウンロードしましょう、ちなみにさっきチョロっと出たローカルリポジトルはこのソフトで作成します

それではインストール手順です


git1 
利用規約を読みライセンスに同意しますにチェックを入れて続行をクリック


git2
アカウントを持っている場合は既存のアカウントを使用でログイン、持っていない場合はアカウントを作成してください


git3 
ここでリモートリポジトリに関しての設定です、ここではBitbucketで進めて行くのでBitbucketを選択し、認証はOAuthでやっていきます

ちなみに認証方法は他にはBasicというのがあり、こちらはユーザー名とパスワードを打ち込んでログインするタイプになっています
git4 



git5
認証をOAuthにし、続行ボタンを押すとブラウザが開き上記のような画面になると思います、ここはアクセスを許可するをクリックしてください


git6 
バージョンコントロールシステムというもののダウンロードが終わると続行がクリックできるようになります、ダウンロードが終わったら続行をクリックしてください


git7 
このあたりの設定は後でするので今はいいえを選択してください


git8 
リモートリポジトリを作成していないのでなにも表示されていません、もし表示されていたとしても、ここはスキップで大丈夫です


git9 
Noを選択


git10 
これでBitbucketとSourceTreeの設定は完了です

次回からGitの使い方について書いていきます

<目次> Gitを使ってUnityプロジェクトを管理する
<次回> SourceTreeとBitbucketでGitを始める <コミット編>



このエントリーをはてなブックマークに追加      


スポンサーリンク